表紙へ戻る

皮膚科の病気の相談

【よくある皮膚病】 湿疹・皮膚炎・かぶれ・じんましん・水虫・タムシ・手あれ・ひび・アカギレ・やけど・
            にきび・吹き出物・イボ・タコ・魚の目・・・
【かゆ〜い皮膚病】じんましん・アトピー性皮膚炎・虫さされ・かぶれ・湿疹・皮膚炎・水虫・あせも・・・
【子どもの皮膚病】アトピー性皮膚炎・虫さされ・かぶれ・湿疹・皮膚炎・あせも・とびひ・おむつかぶれ・水イボ・・・
【ガンコな皮膚病】アトピー性皮膚炎・慢性じんましん・尋常性乾癬・掌蹠膿疱症・帯状疱疹後の神経痛・・・
【美容上気になる皮膚病】しみ・そばかす・肌あれ・首のイボ・ニキビ・ニキビ跡・薄毛・脱毛・白斑・・・
【ちょっと恥ずかしい皮膚病】インキンタムシ・陰部湿疹・陰部の痒み・トリコモナス・わきが・体臭・多汗症・・・
【これも皮膚病】口内炎・唇の荒れ・しもやけ・爪の異常(爪が割れる・着色・変形)・静脈瘤・床ずれ・青アザ・・・

特別なことをしているわけではありません。ただ、皮膚の構造を理解し、病気を3次元で考え、
病気の原因により適切に薬を選び、薬が一番よく効く使い方をするだけです。


意外に多い!”皮膚と薬のミスマッチ”
だから効率が悪くても、皮膚を直接観て、薬を選んであげたい

  事例1.慢性湿疹と思い何年もステロイド入り軟膏を薬局で買って使用していた方。
       患部を見せてもらったら、ビックリ!
       ボーエン病(皮膚ガンの一種。よく慢性湿疹と間違えられる)かも知れないので
       皮膚専門医の診察を受けるように話して帰っていただいた。
  事例2.水虫で皮膚科にかかっている方。
       とても流行っている皮膚科のため、診察時間が短く水虫もなかなか治らないと相談。
       この方は、水虫薬による皮膚炎を起こしていた。
       (皮膚科の先生は何を診ていたのでしょう?水虫薬による皮膚炎は結構多いんです。)
       まず皮膚炎に効く薬で皮膚炎を治し、それから違う種類の水虫薬で水虫を治して頂きました。

治りにくい皮膚病には、漢方薬や栄養剤で全身を調えてみるとよい(皮膚は内臓の鏡ですから・・・)
  事例3.掌蹠膿疱症の女性。
       本人は手荒れと思っていたらしいが、原因のハッキリしない慢性の病気である。
       皮膚科で行われる治療法と効果を説明し、漢方薬など他の治療法も提案したが結局ササヘルス(商品名)
       を続けることになった。2ヶ月ほど経った頃から患部が小さくなり、3ヶ月くらいでほぼ治りました。
  事例4.アトピー性皮膚炎の女性。
       一時小康状態だったが、就職して人間関係に悩んでからアトピー性皮膚炎も悪化。生理・便通・食欲・・・など
       を確認して甘草瀉心湯という漢方薬を選んだ。約2週間で皮膚の状態は無事落ち着きました。

強い薬はいらない!弱い薬を上手に使えばいい
そのためには、時間をかけても説明やアドバイスが必要

  事例5.手荒れで尿素20%のケ○チ○ミ○を使用していた方。
       よく効く薬が当薬局にあると聞いて来店。手荒れになる仕組みを説明して、クリームの効果的な
       使い方を実演。薬は尿素10%のUHクリーム(ひろはし薬局で製造)だが、数日後に確認すると
       満足できる効果と使用感で喜んでいただきました。

ひろはし薬局で作る『手作りの薬』薬局製剤とは?
 薬局製剤とは、厚生労働省が許可した処方を業務指針に沿って製造した薬の事。その特徴は、
   @安全性が極めて高い
   A着色料や保存料などを加えていない
   B少ないニーズにも対応できる
   C軟膏類は基材の種類が多く、皮膚の状態に合った選択が可能などである。
 特徴のある薬が多く、安全性が高いだけでなく、効きめも充分満足できる。肝腎なのは、弱い薬でも
 適切に使用すれば、少ない量でも充分な効果があり、
副作用の心配もほとんどありません。

喘息・アトピー・花粉症 アレルギーの相談

 各種抗アレルギー薬の開発、吸入ステロイド療法、タクロリムス軟膏の登場などによって、アレルギー治療は10年前に
比べれば相当進歩していますね。原因もダニ・カビ・ハウスダスト・・・・。そして3人に1人はアレルギー患者と言われ、・・・
 あなたは、ダニ・カビ・ハウスダストの除去に神経質になり過ぎていませんか?今お使いの薬を1つでも少なくできるよう
丈夫な身体作り応援します

皮膚=肺=大腸 アレルギーに漢方の理論を活かす
   その1.喘息には、乾布摩擦や水泳などで皮膚を刺激しよう。
   その2.アトピー性皮膚炎や喘息で悩む人は、腸の状態を良好に保とう

体内蛋白質アルブミン・グロブリンのバランスを改善する
   一般にアレルギー体質の方は、グロブリン(IgEなど)がアルブミンに比べて高めだそうです。グロブリンの比率を下げる
   ことで症状の改善に、一定以上の効果が期待できます。『レバコール』をお勧めする理由です。

心理的な背景を忘れない
   事例1.アトピー性皮膚炎で悩む20代女性
        一時小康状態だった症状が就職とともに悪化してきた。食事・生理・排便・など症状に変化させる要因を確認し
        たが、職場の人間関係以外に悪化要因は見当たらない。甘草瀉心湯で症状は落ち着いたので、ストレスとの
        上手な付き合い方やストレス発散の方法などをアドバイスしてあげた。
   事例2.ストレスが原因のアトピー 10才男子
       この子は学校にいると調子がよいが、家にいると具合が悪くなる。どうも母親が干渉し過ぎるの     が原因らしい。桂枝加竜骨牡蛎湯で神経をやわらげてあげることにしたら、具合がいい。ヶ月      ほどで引越しをしたので、引越し先の薬局を紹介してあげた。
   喘息やアトピー性皮膚炎では、心理的要因が関係していることが多い。この対応を怠ると、”木を見て森を見ず”となる。
   心療内科学会に所属しているお蔭で、いろいろなアドバイスができるようになりました。

      アトピー性皮膚炎でステロイドを減らしたいと考えている方に
 ステロイド軟膏は、皮膚の炎症に対してとてもよく効く薬です。その効果以上のもの
を期待して、他の療法に頼るのは一時的にせよ症状が悪化する可能性もありますし、
悪化するだけのこともあります。(アトピービジネスの危険性)
 しかし、weakやmildクラスのステロイドで良好にコントロールされているのなら別で
すが、強いステロイドに不安があるのも事実です。
 ひろはし薬局では、漢方薬(飲む)と紫雲膏(塗る)をベースとし、脱ステロイドには牛黄(ゴオウ)を中心に使用することをお勧めします。ケースバイケースですが、徐々に
ステロイドのランクも下がり、使用回数・使用面積などが減ってゆきます。

冷えが隠れていることもある
   事例3.原因不明と言われた喘息の50代男性
     突然に始まった喘息。県内のアレルギー専門の施設をまわってみたがよくならない。話を伺

     ばビールを飲むとひどいという。阪神大震災のボランティアで冷えたのが原因らしい。

       そこで甘草乾姜湯で肺を温めることにした。だんだんと調子がよくなり「この薬なしでは、
     きていけない」と言うまでに。3ヶ月飲んで完治とした。

  肺の冷えによる機能低下が原因と考えられますが、漢方を勉強したお蔭でいろいろなケースに対応できるようになり
  ました。

                 蜂(ハチ)刺されに関する知識と救急手当て
ハチに刺されて死亡する人は年間20〜30名とされています。その死因はアナフィラキシーショックによる死亡です。
アナフィラキシーによる全死亡の約半数がハチが原因であり、薬物の約2倍、食物の約10倍と圧倒的多数を占めます。
ハチ刺されによる全身症状は10〜20%(この内80%が皮膚症状)で認められ、ショックを起こすケースは数%です。
症状 成人(%) 小児(%)
局所皮膚症状 15 60
じんましん/血管性浮腫 80 95
めまい/血圧低下 60 10
呼吸困難/喘鳴 50 40
かすれ声 40 40
意識消失 30
ハチ刺されで局所過剰反応(強い痛み・腫れ・発赤など)を経験した人は、再度ハチに刺されると5〜10%の確率で
全身症状が現れます。一度、全身症状が出た人は再度のハチ刺されで半数以上が以前の症状よりも重症化します。
しかし3〜5年ハチに刺されなければ再度刺されても全身症状の現れる確率は50%から35%に減少し、10年以上
なら25%まで減少します。
アナフィラキシーショックの危険性が高い人とは、
  ▼一度でも全身症状が出た人▼短い期間に繰り返し刺された人▼高齢者や小児
ハチの種類は、アシナガバチ(73%)スズメバチ(17%)ミツバチ(1%)の順に多く、アシナガバチ・スズメバチには
フォスフォリパーゼA1・ヒアルロニダーゼ・アンチゲン5が、ミツバチにはフォスフォリパーゼA2・ヒアルロニダーゼ・メリ
チンが含まれ、ヒスタミン・セロトニンはハチ毒として共通して含まれます。
ハチに刺されたら
 ▼毒針が刺さっていたら抜き、刺された局所を冷やし、心臓に近い所を紐などで縛る
 ▼局所症状だけの時:Strongクラス以上のステロイド軟膏(もしくはクリーム)を塗る
 ▼局所症状が強い時:上記に加え、抗ヒスタミン剤やステロイド剤の内服を考慮する
 ▼全身症状(吐気・めまい・発汗・じんましん・震え等)が現れた時:
  仰向けに寝かせ両足を高く上げ(ショック体位)エピペンがあれば直ちに使用する
  30分以内ならエピペンの使用でほとんど死亡者は出ないが、30分以上経過すると死亡率が高くなるため、
  エピペンがない場合は早急に近くの医療機関に搬送すること! (エピペンは自費の場合2万円程度で処方して
  もらえますが使用期限は1年強と短いため、同様の作用がある還魂湯+六神丸を携帯したらどうかと考えます)
ハチに刺されないための予防策
 ▼衣類や身につける物は、白色に近い色とし黒色や花柄は避ける
 ▼コロンや香水・化粧品など芳香はハチが興奮しやすいので極力避ける
 ▼必要のない音や振動を起こさない
 ▼ハチが近くに来たら、静きを止めハチが去ってから静かに移動する。決して追い払おうとしたり殺虫剤を使わない
 ▼万が一に備え、エピペン(入手できなければ還魂湯+六神丸)を携帯するとよい

参考資料
 平田博国・林ゆめ子・福田健 ハチ刺し症における現状とその対応 日本薬剤師会雑誌60:1123-1128,2008    
 海老澤元宏・今井高成 食物アレルギーによるアナフィラキシーとその対応 日本薬剤師会雑誌60:1389-1392,2008