表紙へ戻る10

心の病と心療内科の相談

薬剤師として、薬のよい面ばかりでなく悪い面(副作用や依存症など)にも、向き合ってきました。だから・・・、漢方薬を中心に相談する体制を作り上げてきたのです。
そして・・・、ほとんどの病気に程度の差こそあれ、心の問題が関係していることを感じて、心療内科学会に入り・・・、薬局における心身医療を研究してきました。
現在・・・、心療内科の3本柱といわれる《自律訓練法》《交流分析》《認知行動療法》のほか、《対人関係療法》を身につけ、心のケアに積極的に取り組み、病気を心と身体の両面から癒すよう努めています。
薬局で相談することのメリットは・・・
どんなことでも相談できる薬局は、精神科や心療内科のように、こころのトラブルだと悟られる心配がありません(守秘義務もあり、個人情報が外部にもれることもありません)いろいろな目的で薬局は利用されますから、どんな雰囲気のところか一度お立ち寄り下さい。
また希望者には、薬局以外の場所(自宅・ファミリーレストラン・ホテルのロビーなど)にも出向いています。お気軽に声かけ下さい。
今飲んでいる薬を減らしたい
薬が合わないなどの理由で、漢方薬を求めて来る方がいらっしゃいます。実際に漢方薬や牛黄(ゴオウ)などを使用して体調が改善することも多く経験するところです。また日本心療内科学会会員として身に着けた技法など薬以外の方法もアドバイスして一日も早く回復するよう努力しています。
ストレス性格は治せる!
性格だから・・とあきらめている方へ、本当はどこをどのように治したらよいかわからないだけではありませんか?交流分析という手法があります。これは性格を5つの要素に分けてどの要素が弱いのかを知る方法です。交流分析を使って、あなた自身の性格の弱点を理解すれば、あとは少しずつ努力するだけです。私がお手伝いします。

あなたのストレスは?

▼家庭での悩み・・・夫婦のコミュニケーションがとれない、ついケンカになってしまう、性生活に対する不一致、身内が自殺した、身内から犯罪者が出た、
▼人間関係の悩み・・・人と上手く話せない、人前であがってしまう、頼まれるとイヤと言えない、
▼仕事の悩み・・・苦手な上司や同僚がいる、出勤がつらい、出社拒否、
▼子育ての悩み・・・反抗期の対応がわからない、引きこもっている、登校拒否、マタニティブルー、非行、いじめ問題(いじめられる側・いじめる側)、ママ友達がいない、子供への接し方がわからない、
▼虐待問題・・・ドメスティックバイオレンス・DV(夫や恋人など)、ネグレスト、レイプ体験(性的暴力)、虐待体験を思い出す、
▼生きることへの悩み・・・マインドコントロール(カルト集団などによる)、生きる意味がわからない、自分の性格が嫌い、死にたいと思う、リストカットをしてしまう、自分に自信が持てない、災害や事故の記憶が襲ってくる、悪夢をよく見る、病気や事故で生きる気力が失せた、
▼こころの病気・・・うつ病、不安障害、パニック障害、緊張症、過食症、拒食症、トラウマ、PTSD、薬物依存、ギャンブル依存、人格障害、

カウンセリング・心理療法を行うことのメリット

☆身体への負担が少ない・・・副作用や依存性の心配がありません
☆治療効果が上る・・・いくつかの報告により、薬物と同等の効果も認められ、薬物と併用することで治療期間が短くなり、再発防止効果もあります。だから、薬の使用量を減らすことも可能になります。
☆再発を防止する・・・調子を崩した原因『ストレスの影響』を少なくするのが、カウンセリングや心理療法。薬で変えることができない『ストレスの影響』を減らすことで、再発を抑えることができます。
☆場所を選ばない・・・薬局だけでなく、自宅・ファミリーレストラン・喫茶店・ホテルのロビー・公民館・など、どこでも行うことができます。また、電話やメール・手紙などの手段により、遠方の方でもカウンセリング・心理療法ができます。
☆間接的な効果も期待できる・・・直接本人との面談が基本ですが、家族など親しい人を通してコミュニケーションを改善したり(対人関係療法などを用いる)、病気・症状の特徴をふまえて接触してもらう・・・などにより、本人の状態を安定させることも考えられます。

総合的な考え方を持つ・・・モノアミンによる通常の治療法で満足できない方への処方箋

☆漢方薬を使う・・・心と身体のバランスを改善する、身体に負担の少ない方法です。
☆心理療法を組み合わせる・・・ストレスが、心と身体に与える影響を減らす、言わば『心の体質改善』です。治療効果を高め、早期の回復を目指し、再発を防ぐ効果に優れます。
☆栄養の視点を持つ・・・脳機能の回復に重要な脳神経由来栄養因子が注目されており、モノアミンの原料としての栄養素、神経の感受性を高める栄養素、内分泌系−自律神経系の観点などからも、慢性化したケースでは特に重要なことと思われます。
☆時間医学を応用する・・・1日の身体リズムに合わせ、薬を使用するタイミングや食事・睡眠など日常生活のアドバイスをしたり、週単位・月単位・季節毎・年単位での変動に合わせれば、効果を高めることができます。
☆脳科学を応用する・・・例えば「うつ病」では、脳の海馬が萎縮していることがわかっています。脳の血流を改善したり刺激を加えることで、海馬の機能を回復でき「うつ病」の改善に役立つのではと考えます。

早期回復・再発防止に向けたカウンセリング・心理療法のご案内

《認知行動療法》・・・気分や行動が、ものの考え方や受け取り方の影響を受けることから、考え方の偏りを修正し、問題解決を手助けすることによって、精神疾患を治療するために開発された精神療法。軽症〜中等症のうつ病では薬物療法並みの効果。1コース15〜16回が標準。
《対人関係療法》・・・対人関係のストレスを解消し、身近な人とのコミュニケーションを利用して、うつや過食症・拒食症、などの精神疾患に薬物と同等の効果がある16回限定の精神療法。コミュニケーションが豊かにできる心理療法です。
《自律訓練法》・・・自律神経のバランスを調え、自律神経失調症状や動悸やパニック障害などの不快症状・緊張状態の軽減を図る自己調整法。身体の生理反応に働きかけ、感情や思考の変容を図ります。
《交流分析》・・・「エゴグラム」による分析はストレス性格を変えるための具体的な処方箋となり、「時間の構造化」は生活パターン・コミュニケーションパターンの偏りを気づかせます。「ゲーム分析」はストレスを生む具体的なコミュニケーションパタンの発見・防止に有効で、「脚本分析」はストレス性格形成の理解を深め根本的な解決へ導きます。人格の理解やコミュニケーションパターンの把握を通して、精神疾患の治療だけでなく、教育現場や企業など各方面で利用される精神分析法。ストレスの根本を理解し、ストレス性格の改善に役立ちます。
《再決断療法》・・・交流分析とゲシュタルト療法を組合せ、ストレスの原因になっている人生早期の思い込みを極短期間に変化させる精神療法。セラピー後のすっきり感にきっと驚きます。
《森田療法》・・・自分らしい生き方のために行動することを促す神経症に開発された精神療法。第3世代の認知行動療法といわれるACTにも森田療法の考えが垣間見られ、うつ病や終末期医療にも応用されています。
《イメージ療法(サイモントン療法)》・・・空想することで、悩みや病気を解消したり、免疫力の調整をはかります。自律訓練法との組合せが、より効果的です。
ほかに《内観療法》《ゲシュタルト療法》《実存療法》《解決志向セラピー》《EMDR》《ロールレタリング》などの長所を適宜取り入れています。
気づきを促すカウンセリングとともに、心理療法・精神療法を組み合わせれば薬物治療単独より回復が早く再発しにくいことが証明されています。
再発しやすいとされるうつ病や薬の使用量を減らしたい人、なかなか改善しないと悩んでいる人、・・・お奨めします。

【相談システムおよび料金】

・・・・・通常、1〜2週間に1回のペースで、カウンセリングは1コース2回〜5回、心理療法は12回〜16回が一応の目安です。完全予約制。

基本料金:1回45分・・3000円(税抜)     ※30分以内の相談・アドバイスは無料
  1 回 目 :初回相談料(5000円)+通常相談料(3000円)+消費税
  2回目以降:通常相談料(3000円)+消費税
  キャンセル料:3日前までは無料、1日前まで1000円、当日は3000円、ただし変更1回までは無料          (平成22年10月現在)

対面によるカウンセリング・心理療法・・・一般的な方法ですが、早い回復を望む人におすすめ。
  料金は、通常料金です。

出張・訪問によるカウンセリング・心理療法・・・ひきこもりや病気などで外出できない場合や、他人の目が気になり当薬局でのセラピーをしたくない人に。出張料金が加算されます。
  出張料金:片道10km毎に・・・2000円+消費税

電話によるカウンセリング・心理療法・・・遠方などで直接面談でのセラピーが困難な場合や、緊急時などに。
システムは整備中です。

メールによるカウンセリング・心理療法・・・遠方などで直接面談でのセラピーが困難な場合などに。
システムは整備中です。

心療内科で扱うストレス病

▼気管支喘息▼過呼吸▼神経性咳嗽▼起立性低血圧▼胃潰瘍▼十二指腸潰瘍▼胸焼け▼呑気症▼過敏性腸症候群▼潰瘍性大腸炎
心因性嘔吐▼過食症▼拒食症▼バセドウ氏病▼肥満症▼頭痛▼斜頚▼書痙▼チック▼眼瞼痙攣
自律神経失調症▼慢性疼痛▼繊維筋痛症
夜尿症▼インポテンツ▼勃起障害
関節リウマチ▼むちうち症
更年期障害
慢性ジンマシン▼アトピー性皮膚炎▼円形脱毛症
メニエール病▼めまい▼顎関節症
▼うつ病▼パニック障害
過食症▼拒食症・・・など

ストレスの発散法
   ☆自律神経のリラックス(α波)
    ぬるめのお風呂にゆったりつかる・心地よい音楽を聴く・アロマテラピー・笑う・自律訓練法
   ☆ストレス発散・気分転換のための趣味・遊び
    夢中になれる・感動できる・童心に帰って笑える・気軽に話せる・旅行や温泉
   ☆排泄=発散
    汗をかく(運動・入浴)・大きな声を出す・歌う・笑う・泣く・おしゃべり(感情の発散)深呼吸・排便・排尿
   ☆軽度の運動
    脈拍100〜120回/分・1回30〜40分・2〜3回/週
   ☆心身のストレッチング
    こころ:就寝前のアロマテラピー・ハーブティー・音楽療法・美しい風景のイメージ・スキンシップ
    からだ:森林浴・気功法・整体・豊かなセックス
   ☆理氣開竅薬(牛黄・麝香・熊胆)・・・治療の効果を高めます
    抗うつ作用・精神安定作用・抗ストレス作用・ストレス発散作用・PTSDの防止
   ☆漢方薬・・・漢方の専門家に相談を
    体質強化・自己修復システム保護・抗ストレス作用・ストレス発散作用
   ☆心を支える良質な人間関係づくり
    夫婦・家族・友人・職場の同僚
    感情で話さず、感情を話す・相手の長所を見つける・交流分析で性格テスト
   ☆骨盤底収縮筋群トレーニング
   ☆休養
     時には休養も立派な薬です

自律神経失調症でお悩みの方へ(自律訓練法の紹介)

ひろはし薬局は、日本自律訓練学会の正会員として自律訓練法の普及に努めています。

自律訓練法は、催眠と異なり自分自身でいつでもどこでも行えます。身に付ければセルフコントロール法として非常に有効です。自律訓練法の目的はリラックス状態を得ることにあり、個人差がありますが精神状態や身体症状が落ち着いてきます。
姿勢姿勢には(1)椅子やソファーに腰掛けた姿勢(2)寝ころんだ姿勢の2種類があります。どちらでも構いませんが上達してくると体の力が抜けていきますから、椅子に座った姿勢では力が抜けた後でも椅子から転げ落ちないように、脚は肩幅程度に開いて手は軽く閉じて膝の上に置きます。
何回か繰返し練習するうちに自然な姿勢にできるようになりますから、とにかく実行してみましょう。
言語公式:自律訓練法は軽く目を閉じた状態で、決まった言葉(言語公式)を呪文のように心の中で唱えます。言語公式には次の7種類があります。
 背景公式  「気持ちが落ち着いている」
 第1公式
  「右腕が重たい→左腕が重たい→両脚(右脚・左脚)が重たい」
 第2公式  「右腕が温かい→左腕が温かい→両脚(右脚・左脚)が温かい」
 第3公式  「心臓が規則正しく打っている」
 第4公式  「楽に息をしている」
 第5公式  「お腹が温かい」
 第6公式   「額が心地よく涼しい」
背景公式は時間をかけずに4、5回繰り返すうちにスタート時点での気持ちの状態(落ち着いているとかイライラしている)を確認したら、第1公式に進みます。第3〜6公式は、練習しない方がよい人がいますのでチェックしてください。第1公式以降は2〜3分でそれぞれの反応(重感や温感)が感じられるようになったら次の公式を加えていきます。練習を一日3回くらい続けていると第6公式まで2〜3分でできるようになります。マスターできる期間は個人差がありますが、第1公式までを2、3週間で第2公式に更に2週間程度かかるようです。第2公式まで出来るようになれば、心と身体の力(緊張)がほぐれリラックスした気持ちの良い状態を体験できると思います。
背景公式:明る過ぎず暗過ぎない静かな場所で、身体を締め付けているもの(ネクタイ・ベルト・ブラジャーなど)はゆるめてから始めましょう
身体の力をふっと抜いてから始めましょう。落ち着きにくても数回繰り返したら次の公式へ移ります。草原や砂浜に寝転んでいるところをイメージする、好きな音楽(声のないものが望ましい)をかけるなど、最初のうちは補助的な手段を用いると効果が上がることがあります
第1公式(重感練習):まず利き腕にぼんやりと意識を向けてみましょう。
腕がだらんとした感じがわかればOKです。重さを感じようとするのではなく、どのように感じるか眺めるように行ってみてください。 重さをかんじようとすればするほど、反対に力が入り緊張してしまいます。脚の重感は腕ほどは重く感じないとおもいますが、力が抜けているように感じるかもしれません。
第2公式(温感練習):第1公式で感じた重たさを意識しながら自然に温かく感じるのを待ちます。
リラックスできれば血液循環がよくなり、手や足の先まで全身に温かい血液が巡ります。日光浴などをイメージしてもよいでしょう。夏は初めから温かいのですぐにクリアできるでしょう。寒い時には、暖房をきかせたり風呂上がりに行うと効果が上がります。
第3公式(心臓調整練習):心臓に病気のある人、心臓が気になる人はこの練習を省略します。
意識をぼんやりと左胸に向けます。仰向けに寝た状態で右手を左胸にのせて練習しても構いませんが、慣れたら意識だけを向けるようにします。落ち着いた心臓の動きが確認できればOKです。
第4公式(呼吸調整練習):気管支喘息、過呼吸症候群など肺や胸が気になる人は省略します。
のど・鼻・口・胸部・腹部など息の出入りがわかる部位にぼんやりと意識を向けます。普通に呼吸が確認できればOKです。意識的に呼吸しようとすると反対に息苦しくなるかも知れません。意識しないで感じることができればOKです。
第5公式(内臓調整練習):糖尿病の人は薬が効きすぎ低血糖になる可能性がありますので医師と相談した上で行います。そうでない場合には省略します。胃・十二指腸潰瘍があったり強い痛みがある場合には、治療が終わってからか症状が落ち着いてから医師に確認した上で行います。妊娠中の人(特に8ヶ月以上)は妊娠中毒症をひきおこす可能性があるため省略します
胃のあたりにぼんやりと意識を向けます。仰向けに寝た状態で手を上腹部(みぞおち付近)にのせても構いませんが、慣れたら意識だけを向けるようにします。乗のせた手の温かさが胃袋まで伝わるようにイメージして行います。少しでも温かさが感じられればOKです。

第6公式(額部涼感練習):頭痛,てんかん,その他頭に病気のある人は、この練習を省略します。
額にぼんやり意識を向けます。頭の中を爽やかな風が流れるようすをイメージしてみるとよいかもしれません。

消去動作: 自律訓練法が完成してくると全身がリラックスした状態になります。この状態のままで立ち上がったり目を開けたりすると、めまいや転倒をすることがあります。このような事故を避けるために行う動作です。
具体的には、両手の開閉運動(グーとパー)を数回・両肘の曲げ伸ばしを数回行い、続いて大きく背伸びをして深呼吸、最後に目を開きます。練習の最後には必ず消去動作を行うようにしてください。

背景公式 第1公式 第2公式 第3公式 第4公式 第5公式 第6公式
マスターしたい公式
心臓に持病のある人
肺に病気のある人
胃腸・膵臓・肝臓の病気の人
頭痛など頭・脳の病気の人
不眠で悩む人
うつ状態・うつ病・プチうつ
いろいろ病気がある人

自立性開放:時々自律訓練法特有の生理的変化や意識状態が生じることがあります。この変化がストレスを発散させたりストレス耐性を強めたりするのです。継続しているうちに治まってくることが多いようですが、気になる変化を感じたら遠慮せず指導者に報告してください。
具体的には、手足のピクピク運動・痙攣・しびれや麻痺感・圧迫感・めまい感・不安感・孤独感・多幸感・などが知られています。

練習記録:練習の進行状況の確認や自立性開放のチェックのためにも簡単で構わないので記録をつけることが望ましいでしょう。大変かもしれませんが効果的な練習のために努力してみてください。